下松市の笠戸湾を航行するHAWAIIAN HIGHWAY

HAWAIIANN HIGHWAY

7/21に下松市の第二埠頭で日立製の英国高速鉄道車両Class 800を積み込んだHAWAIIANN HIGHWAYはその日の午後4時過ぎ、神戸に向かって出港しました。静かな笠戸湾を滑るように進むHAWAIIANN HIGHWAYの様子を、笠戸島のはなぐり海水浴場から4k動画で撮影しました。海水浴客は島影から現れた巨大な船影を見て「凄え!凄え!」「ビルが動きよるんか思うた」など盛んに声を上げていました。


HAWAIIANN HIGHWAYは川崎汽船の新しいフラッグシップで、次世代型のRORO船(ローロー船=斜路と車両用甲板を備え自走する車両を搭載/揚陸できる)です。Class 800などの鉄道車両は超大型Roll Trailerに車両を乗せそのまま搭載します。

HAWAIIANN HIGHWAY 主要目

  • 竣工日:2015年7月17日
  • 総トン数:75,126 ton
  • 全長:199.96m
  • 全幅:38m
  • 積み台数:7,500台(基準車換算)
  • 満載喫水:10.227m
  • 主要航路:日本~欧州航路
  • 船体のKは川崎汽船を表す“K”LINEのブランドマークです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA