下松で自殺か!?笠戸大橋中央にリックと帽子


大きな地図で見る
山口県警下松署は23日、下松市の笠戸大橋において、海に人が転落した可能性がありヘリコプター及び警備艇等による捜索を開始したと発表しました。笠戸大橋中央付近の欄干外側の鉄骨上にリュックサックと帽子が置いてあるとの通報があったそうです。

笠戸大橋は海面から27m~30mの目がくらむ高さです。橋脚がある洲鼻は、昼間だと釣り人などで人が絶えないところですが、夜間は人気がなくなります。飛び降り自殺ではないといいのですが・・・。

<関連記事>
洲鼻では放火とみられる火災が連続しています。
不審火相次ぐ下松市東豊井。連続放火犯か?



1 Response

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA