8/14下松市都町の民家で火災

下松市都町の火災

まだ煙が残る火災現場8/15 0:04ごろ

下松市都町の火災2

下松市都町会館より火災現場を望む

下松市都町の火災3

下松小学校のプールからも取水したもよう

下松市都町の火災4

一時は火の粉がかなり強かったそう

蒸し暑い土曜の夜に不気味なサイレンの音が・・・。8月14日22:30ごろ下松市大字西豊井(都町)の民家で火災が発生。場所は下松小学校のすぐ裏手で、下松消防署と下松警察署から約300mの距離です。

消防署のサイレンが下松市のお盆の夜に鳴り響き、消防車、救急車、パトカーが何度も出動しました。ボヤ程度の火災ではないと筆者が気付いたのは、TV映画の「ナショナルトレジャー リンカーン暗殺者の日記」が終わるころでした。

急ぎ現場に向かい、到着したのは日付も変わった8/15 0:00ごろです。火は消えていましたがまだ煙がもうもうと立ちあがっていました。近くに住む男性によると、一時は火の粉が強く本当に怖かったそうです。

山口県警によると、木造一部2階建て家屋から出火し、隣接家屋に延焼してともに全焼し、火元世帯主(43歳・男性)が左腕に軽い火傷を負ったそうです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA