下松が住みよさランキング40位に下落も、中国地方トップを維持

住みよさランキング2010年比較

住みよさランキング

6月23日に発表された東洋経済の全都市「住みよさランキング」によると、下松市は昨年の18位から40位へ大幅に下落しましたが、依然として中国地方でトップを維持、もちろん山口県でもトップです。

ただし、2009年は全国18位でした。2009年度と比較して、2010年度は「安心度」の順位下落が総合評価の下落に大きく影響しているのがわかります。「安心度」は病院・一般診療所病床数(人口当たり)、介護老人福祉施設・介 護老人保健施設定員数(65歳以上人口当たり)、出生数(15~49歳女性人口当た り)が算出指標になります。

下松市の政治・行政がより医療・介護・少子化対策に注力して、来年のランキングでは上昇するようしてほしいですね。


1 Response

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA